ガイド

歯間ブラシを初めて使う方へ 

歯間ブラシを初めて使う方へ 

今まさに、歯間ブラシを初めて使おうとしている人はドキドキしているかもしれません。
今から説明する内容は、毎日の口内ケアの日常の一部となる第一歩です。クラプロックスの歯間ブラシは歯全体を綺麗にし、健康な生活を送る手助けをします。

正しい大きさが鍵 

人それぞれ、歯は違うので、クラプロックスの歯間ブラシはそれぞれサイズを用意しています。歯医者さんへ言ってそれぞれ歯間スペースをはかり、どのサイズがいいのかを選ぶのがとても大事です。小さすぎると適切に汚れは取れない、大きすぎると歯肉を痛めるという事になります。

誇れる材質 

この歯間ブラシに使われているワイヤーはとても細く、ブラシの毛はとても上質で長いです。この材質が優しく歯をいたわり、スペースにぴったりはまっていくのです。

傘効果 

この毛は、非常に弾力性があるので、歯の間のすみずみまで広がります。私たちは「傘効果」と呼んでいます。

力は入れない 

歯間に入れるのに力は必要ありません。正しいサイズを歯医者さんで聞きましょう。

1日1回 

1日1回、入れて抜く。

これが私たちのCPSプライムの大きな特徴です。無理せず楽に口内を綺麗にしていきましょう。

始めて見ましょう 

最初に自分の歯肉から血が出ても驚かないで下さい。

これは傷つけているわけではなく、古いプラークが蓄積して炎症を起こしている証拠です。この現象は普通で、1週か程度続くこともあります。でもしばらく使っているうちに炎症は治まり、血も止まります。

1週間後 

もし、1週間後に血が止まったら、炎症は治まり、歯周炎を未然に防げたと言うことになります。まだ時々血が出る場合は、早く歯医者さんに診断してもらいましょう。

ブラシのサイズ 

1週間前より歯間に空間が出来た気がすると思います。その場合はもう少し大きなサイズが必要になってくるかもしれません。是非、歯のプロである歯医者さんや歯科衛生士さんに聞いてみて下さい。

アドバイスを貰いましょう 

歯のプロフェッショナルの人たちがどのサイズが自分に適しているか等、適切な使い方を教えてくれます。

口も歯も歯間も人それぞれ 

口と歯、歯間も人それぞれ違います。ですので、適切な磨き方も人それぞれ、年齢、歯の形状、状況等により調節していかなければいけません。プロからどうやって使うかを教わって下さい。本を読んでも解らない新しい発見が沢山見えてくるでしょう。

プロに聞きましょう 

かかりつけの歯医者さんが、フロスや歯間ブラシがどこの歯に必要か、またどのサイズを使うべきなのか、細かく教えてくれます。是非、歯医者さんや歯科衛生士さんと定期的に話し、自分に合った方法で磨いて下さい。

xs
sm
md
lg