ガイド

歯間ブラシの正しい使い方 

歯間ブラシの正しい使い方 

歯間ブラシを斜めに持ち、歯と歯の間の歯肉付近にある空間に差し込み、少しだけ押す、それをまっすぐに突き刺す、そして抜く。それだけです。

一度、入れて出す、本当にそれだけです。一度試してみて下さい。他社商品ではブラシを回したり、何度かやることを薦めていますが、それでは傷の元になってしまいます。

このデザインは一度通せば、プラークが綺麗に取れるようになっています。

どうやって、歯間が効果的に優しく綺麗になるのか、3つの簡単な理由を今からご説明します。

商品説明 

クラプロックスの歯間ブラシの使い方はとても簡単です。なので、毎日使うことをお勧めしています。最適な時間は夜、歯を磨く前か、磨いた後です。それが一番、歯肉炎、歯周炎、そして虫歯予防に適しています。

お役立ちツール -

1.歯間ブラシを歯間があるところに起きます。少しだけ傾け、歯の内側へ優しく正しい角度で入れます。

お役立ちツール -

2.力は入れずに、歯に対して90度の角度で入れます。

お役立ちツール -

3.優しくブラシを押して、それから抜きます。終了です。

少しの力だけで大丈夫です 

もしかしたら、歯間ブラシを入れる際、少しだけ力を入れる事もあるかもしれません。でもそんなに必要はありません。ブラシを間違って使ってしまうと、歯肉を傷つけてしまう可能性があります。

人それぞれの歯間 

口と歯、歯間も人それぞれ違います。ですので、適切な磨き方も人それぞれ、年齢、歯の形状、状況等により調節していかなければいけません。プロからどうやって使うかを教わって下さい。本を読んでも解らない新しい発見が沢山見えてくるでしょう。

プロに助けて貰う 

かかりつけの歯医者さんが、フロスや歯間ブラシがどこの歯に必要か、またどのサイズを使うべきなのか、細かく教えてくれます。是非、歯医者さんや歯科衛生士さんと定期的に話し、自分に合った方法で磨いて下さい。

xs
sm
md
lg